当社は耐熱塗料のメーカーとして40年来の実績を誇っておりますが、今までの耐熱塗料は全て有機溶剤を使用した溶剤型の塗料で、一般汎用の塗料に比べると特殊性の高い分野だけ環境対策等に遅れがありました。この度、当社も遅ればせながらVOC対策、環境対策品としてアクアヒートを上市させて頂く事になりました。溶剤型耐熱塗料ヒートップと同様に、水系の耐熱塗料として各種グレードの物を用意、企画しておりますが、今回発表させていただくのは、屋外プラント設備 5 0 0 ℃耐熱用と 3 0 0 ℃耐熱用、の二種 4 品目です。特に下塗りの耐熱防食性については水系二液型での特許を取得しており溶剤型より優れた性質を持っております。これからもこのアクアヒートを含めた環境対応型の耐熱塗料の開発を誠意進めていく所存ですのでご期待ください。


製品名
耐熱性 区分 品名 特徴
100℃~300℃ 下塗り アクアヒートWZ-300プライマー 赤錆色  液:粉末、使用時混合二液型
上塗り アクアヒート W-300  シルバー  一液型  水系
200℃~500℃ 下塗り アクアヒートWZ-500プライマー グレー  液:粉末、使用時混合二液型
上塗り アクアヒート W-500  シルバー  一液型  水系


水分量と法的表示
品名 WZ-300プライマー W-300シルバー WZ-500プライマー W-500シルバー
塗料中の水分% 32% 50% 45% 58%
引火点 62℃ 62℃ 62℃ 69℃
危険物表示 非危険物 非危険物 非危険物 非危険物
有機溶剤区分 第二種有機溶剤 第二種有機溶剤 該当せず 該当せず


下塗り1回 上塗り2回 の塗膜性能
試験項目 区分 試験結果 試験条件
下塗り WZ-300プライマー WZ-500プライマー
上塗り W-300シルバー W-500シルバー
塗装膜厚 50~60μm 50~60μm 電磁微膜計
耐熱性 300℃ 異常なし 500℃ 異常なし 50時間加熱後の変化
密着性 100/100 100/100 1mm碁盤目
耐衝撃性 500mm 500mm 1/2R×500g
鉛筆硬度 B H 三菱鉛筆ユニ使用
耐エリクセン性 5mm 3mm 20Φ押し出し
耐塩水噴霧性 120時間 120時間 5%食塩水35℃

( 記載の内容については予告なしに変更する場合がありますので、内容に関して疑問がありましたら直接当方にご連絡頂ければ幸いです。 )


荷姿
アクアヒートWZ-300プライマー 赤錆色 4Kgセット, 20Kgセット
アクアヒート W-300 シルバー 4Kg 15Kg
アクアヒートWZ-500プライマー グレー 4Kgセット, 20Kgセット
アクアヒート W-500 シルバー 4Kg 15Kg



塗装における注意事項
塗装の出来る材質は鉄鋼素材のみです。合金鋼、他の素材についてはご相談下さい。
塗装の前処理はブラスト処理が基本です。S S P C - S P 1 0 に仕上げてください。前処理が不充分の場合塗膜のハクリ、短期間での錆発生に繋がりますので要注意です。
水に濡れた素材に直接塗布しないで下さい。素材表面が乾燥している状態でなければ塗装不良が発生します。
塗装器具としては、刷毛、ローラー、スプレー塗装機が使用可能ですが、塗布膜厚、作業性に合った器具を御使用ください。
降雨時はもちろん高湿度の時は塗装しないでください。
塗料はよく攪拌してから御使用ください。
希釈剤として水道水の使用は可能ですが、出来れば蒸留水を御使用ください。
希釈する際の希釈率は規定の希釈率を守ってください。過希釈はタレ、ハジキなどを生じやすくなり、膜厚の確保が難しくなります。
使用した器具類は水道水で洗えますが、その洗浄液については下水道には流せません。処理タンクにまとめ産廃処理業者に処理を委託してください。
素手等直接肌についた塗料は直ちに水洗いして下さい。
常温にて乾燥した塗膜は水に溶けにくくなりますので、更に洗浄したい場合は、洗浄用シンナーをお使いください。
塗装完了後、塗装品に熱が入らずに一週間以上屋外に放置しておく場合は養生シートにて包み、雨水等が懸からないようにしてください。

 ( 製品別の取り扱い、安全性の詳細については別途SDSをご請求ください。 )